ダバダLED ランタンの口コミ!手回し充電で災害時に使えるかを調査!

ダバダ(DABADA)のLEDランタンは大人気!

口コミでも「一家に一台」と言われるほどなんですよ♪

その理由はいざという時に手回しで充電ができるということ。

停電や防災時に電池切れ!なんてことから回避でき、安心して備えられることが最大のポイントです。

実際、キャンプよりも災害対策としてご用意される方がなんと多いことか!

楽天年間売上ナンバーワンのランタンです!

check‼>>ランタン楽天人気ランキング

レビュー数が断然凄いです!

そしてお値段もお手頃なのも防災用として用意がしやすいですよね♪

 

ダバダLEDランタン63灯の口コミ

それでは早速口コミを見ていきますが、

気になるのはいざ!という時に使えるかどうかです。

特に災害時など、本当に役に立つのかをじっくり見ていきます。

1.実際に災害に遭われた方からの口コミ
2.明るさは十分なのか?
3.2色のカラーで何か違いはあるのか?
4.手回しは本当に点灯するのか?

上記を中心に実際に使われている方の声を聞いていきます。

実際に災害に遭われた方からの口コミ

・停電で学んだのは電池もガソリンも手に入らなくなるということです。ガソリンがないと発電機も使えません。
手動必須です。小振りながら充分明るい商品です。

・充電方法が多いのが心強いです!
暗闇は本当に怖かったので精神的に助かると思います。

・大阪台風停電被害での教訓で購入。
商品の到着もスムーズで次の台風や災害に備えることができ不安だった気持ちも和らぎました。

暗闇に取り残される恐怖。

リアルな感想なので、ランタンの必要性がひしひしと伝わってきます。

明かりがあるだけでも気持ちの持ちようが変わりますね。

手動で点灯することができれば、携帯電話も使えるし、心強い最強のグッズと言っていいでしょう!

明るさは十分か?

・想像以上に明るくて、びっくりしました。

・8畳以上の室内を一台で十分な光源を確保できている様に思います。

公式サイトには最大で4畳くらいでと書かれているのですが、実際にはもう少し広い範囲で明かりがもたらされるようです。

ダバダLEDランタンにはカラーが2色

クリアーとホワイト。明るさに関してどのような違いがあるのでしょう?

まずはどちらも購入された方

ダバダLEDランタンカラー

クリアとホワイトを一つずつ購入しました。クリアは直接見るととても眩しいですがホワイトはマイルドで気に入りました。

というようにやはり明るさに感じる差はあるようです。

ホワイトを選んだ方の口コミ

・ホワイトレンズを購入しましたがとても明るい!

・ホワイトレンズは、目に優しい。

クリアを選んだ方の口コミ

・ホワイトがなかった為、クリアを注文しました。眩しいくらい明るいです!

・クリアは予想はしていましたが、ちょっとチカチカ目が痛くなりそう。明るさ重視の方には向いているかもしれません。

ホワイトはガラスに加工がしてあるので、柔らかな光になるようです。

もしもの災害時で野外で使うことになった場合はクリアの方がいいかもしれませんね。

手回しは本当に点灯するのか?

・明るさもばっちりですし、手回しも軽くて回しやすいです。

・電池が無くても手回しで電気発声は優れものです。持っている懐中電灯の中で一番明るく、頼りにしてます!

・到着後すぐ手回しのハンドルをくるくると20回くらい回転させてみたら、しばらくライトが点灯していました。

ハンドルを回転させるのにそんな苦労はしなくていいみたいですね。

そしてすぐにつくので、災害時には即時に次の行動に移せるのではないかと思います。

ダバダLEDランタンの特徴

ランタンには燃料の違いで3つの種類に分けられます。

1、LED(電池式)ランタン
2、ガスランタン
3、ガソリン(灯油)ランタン

今回のご紹介しているランタンは1番目のLED(電池)ランタンです。

LEDランタンの特徴

LEDならではのランタンの特徴を見ていきます。
ダバダLEDランタン特徴

LEDランタンの長所と短所

長所
・スイッチ一つでON・OFFができる
いざという時にこれは大きいポイントではないでしょうか?
ガソリン式やガス式に比べると、断然簡単に点灯できます。

・燃料費が安い
LEDはご存知のように、コストとがとても安いです。
アルカリ電池で最大15時間以上点灯し続けることができます。

短所
・光量がちいさい

3種類のランタンの中では明るさに関しては1番弱いといえます。

強いのはやはりガソリンタイプです。

しかし、弱いといってもキャンプ時のテントの中や、車の中では十分な明るさです。

ということは、もしも停電になった時にはろうそくや懐中電灯などのようにスポット的ではなく、

しっかり部屋全体を広範囲で明るくできるので、ストレスも軽減できるかと思います。

正しい使い方

ガソリン式やガス式は、室内での使用はお勧めできません。

燃料式なので、火事や一酸化炭素中毒になる可能性もあるからです。

その点、LEDランタンなら、場所を選ばずご使用できます。

むしろ災害時などはLED式ランタンを使用すべきでしょう。

ダバダLEDランタン63灯について

アウトドア、防災用、停電時、ペットの夜間散歩とオールマイティーに使えるランタンです。

非常時に役立つ5WAY充電方法

ダバダLEDランタン充電方法

1.USB充電 → 付属のUSBコードを使って充電できます。7時間でフル充電できます。

2.手回し充電 → くるくる手で回すと5分で20分点灯してくれます。

とありますが、、、1分間のくるくるで45分も点灯したという口コミもありましたよ!

3.ソーラーパネル充電 → 日の当たる窓辺に置いておくだけでも充電できます。

4.乾電池充電 → 別売りの単4乾電池3本が必要です。

5.車載充電 → シガーソケットを使えば車から充電ができます。

こんなにたくさんの充電方法があるものはそんなにありません。

これだけあれば、いざという時に「つかない!」事態を免れそうですね。

2種類の点灯パターン

点灯モードは2種類

High点灯63灯Low点灯21灯
点灯モードは2種類

中央のボタンを押すたびにモードが変わります。

Low点灯21灯 → 出力モード → High点灯63灯 → 電源オフ

出力モードにすると、USBコードを使ってスマホも充電できます。

無くなれば手動でも1分くるくるすればランタン自体も点灯できるのです。

これは大きな強みですね。

LEDの明るさを表す単位は「lm(ルーメン)」です。

Low点灯21灯は45~54ルーメン
High点灯63灯は150~180~ルーメン

数値が大きいほど明るくなります。
ろうそくなどを何本も立てるのよりお部屋を明るく照らします。
ダバダLEDランタンルーメン

さいごに

いかがでしたでしょうか?

このダバダLEDランタンは充電方法が5WAYあることがとても強みだといえますね。

停電対策、災害時対策に持っておくべきアイテムの中心的な存在ではないでしょうか。

どんな条件の中でも生命線と言える携帯電話の充電ができるのは何ともありがたいです♪

そして災害なんてあってほしくないけど、備えあれば憂いなし!

この機会に心の支えにもなってくれそうなダバダLEDランタンを、

ご家庭に1つご用意されてみてはいかがでしょうか~?

 

タイトルとURLをコピーしました