万年筆を使おう!普段使いでオススメはラミーサファリ!その使い心地は?

万年筆のインクでサラサラ~ッと書かれた文字って、ちょっと素敵ですよね。
優雅で気品ある上質な雰囲気を醸し出します。
インクの香りも何気にノスタルジック~(´▽`*)

日常でも、そんなリッチな気分を味わえたら、なんて素敵なんでしょうね~!!

普段使いに、手軽にお使いいただける万年筆が、今回おすすめする「ラミーのサファリ」です。

万年筆LOVERの方はもちろん、初めて万年筆をお使いになる方や、学生の間でも授業のノートを書くのに大人気だそうですよ!

ランキングでも上位に入っていますので、良かったらこちらもご覧ください。

check!!>>万年筆ランキング(楽天)

ラミーのサファリはダントツの口コミ件数!3500件を超えています。すごい人気ですね♪

ラミー「サファリ」の万年筆

LAMY ラミー社とは

1930年にドイツの古都ハイデルベルグで設立された会社です。

ドイツ人ならではの職人技を活かしつつ、クリエイティブでユニークなデザインと機構で、世界中の筆記市場に新風を吹き込みました。

世界中の著名なデザイナーとのコラボレーションによってさまざまな商品を開発し、多くのデザイン賞を受賞。高評価を得ています!

今回ご紹介する ラミー「サファリ」のデザイナーは、ドイツ工業デザイナーでもあるウルフギャング・ファビアンさんです。

サファリの特徴

人間工学に基づくグリップ形状

もともとラミーサファリは「子どもたちが初めて手にするのに最適な筆記具」として開発されたものなんです。

子供たちが自然と無理のない正しい持ち方で握れるよう設計されていているんですね。

だから握り心地はもちろん、使いやすさ、書きやすさはお墨付きです!

30年以上のロングセラー

発売されて30年以上たつのに、洗練されたデザインは人気が衰えません。
かわいらしいのに、スッキリとシンプルさも兼ね備えているフォルムが世界中の筆記用具愛好者から支持を得ています♪

しかもボディーはABS樹脂で作られ、軽くて継ぎ目もありません!

実はABS樹脂ってあのおもちゃのレゴと同じ素材なのですよ。
こんなところも、可愛らしさのヒミツであり、子供のころを潜在的に思い出させてくれるような懐かしさもあるんですよね。
しかも硬いプラスティックは軽いだけでなく、光沢もあってゴージャスに見えます。

高品質でありながら、お値段もとてもリーズナブルだから、普段使いにピッタリ!!

色違いでコレクションしたり、と複数お持ちの方も多数いらっしゃるんですよ!

カラーも7色展開!!便利なクリップも付いててどれもかわいい~♡

使い心地は?

気になる使い心地はどうなのでしょう?
口コミを見てみましょう~♪

使い心地は抜群

持ちやすく疲れにくい

・プラスチックなので軽すぎないかと多少危惧していましたが、蓋の重さが絶妙で、軽すぎず重すぎず、長時間使っても疲れないバランスの良い重量感です

・とても安価なのにインク漏れもなく快適な使い心地

・使い心地は、軽くて書きやすく書いているときの質感がとても最高です。

手にピッタリと自然な形でフィットしてくれるから、書き心地もGOOD!!
ますます出番が増えることでしょう~♪

ペン先は3種類から選べます。

1、EF(極細)手帳の書き込みなどに
2、F(細字)あて名書きなどに
3、M(中字)ゆったりと書きたい方に

口コミからどのように使い分けされているのかを見てみましょう。
 

EF(極細)
・極細を選びましたが、ペン先の角度を調整することで細かい文字から宛名書きまで対応する丁度いい太さです。

・ペン先は極細(EF)を選びました。メモ書きなどで使うにはこれがいいですね。

F(細字)
・Fでもそれほど字が太くなく、日記を書くのが楽しくなりました

・ペン先はFでビジネス手帳に小さい文字でスケジュールを書いたり、キャンパスノートに会議の記録を書いています

・Fニブを購入しました。
思った通り、ペン習字の練習や宛名書きにぴったりの太さで、ペン先もハズレが無いと言うか、
インクの出もよく、紙滑りも滑らかな普段使いするのに最適な良い品が届きました。

M(中字)・こんなにサラサラ書けるとは・・・感激です。がしがし書きたくて、Mにしました。

・ペン先Mを選択しました。Mニブは、メモ・ノート・原稿用紙などに書くのに最適だと思います。それに加えて、Mニブは万年筆特有の書き味があり、文字を書くのがひじょうに楽しく感じますのでお勧めです。

ペン先のサイズ選びの参考になる口コミも!!

EF(極細)を購入しました。水性ペンで言えば0.5~0.7mmくらいの書き味と似ている気がします。

極細字を選びましたが、0.7mmの水性ボールペンと同じ位の太さがありました。

細字を買ったんですが思ったより太かった!日本製よりはペン先が太く出来ているようです。
筆跡は国産のFよりはかなり太めで,0.7mmと1mmのボールペンの中間程度です。細かい手帳に書くには不向きですが,小さい字をカリカリと書くよりは,少し太めの字をのびのびと書くのが,万年筆らしいと思います。

ペン先はMを選びましたが、若干太めのようにも感じます。
サインや宛名書き等に丁度いいサイズかも知れません。
手帳やノート等に書く場合はFが良いのではないかと思います。

個人的な使用後の感想になりますが、かなり参考になるのではと思います。

インクの入れ替えは?

万年筆のインクには2種類あります。

1カートリッジ式 → そのままセットして使えるから手が汚れなくてお手軽です。
2コンバーター式 → コンバータ(別売り)を装着してインクを吸い上げて使います。

初期インクはブルーのカートリッジが付いていますから、すぐに使えますよ。
慣れてきたら、自分好みのインクを買って、コンバーター式でかっこよく落ち着いて使ってもいいですね!

さいごに

見ているだけでも心が満たされる、そんなリッチな万年筆ラミー「サファリ」。

自分でカスタマイズできるペン先のサイズとカラー。
ここからすでにわくわくしそうですね♪

そして有料になりますが、彫刻・名入れもできるそうですよ!

自分の名前やイニシャルを入れると愛着もわきそう~!
もちろんお誕生日や記念日、お世話になった方へのお礼などにも、ちょっと気の利いたプレゼントになりますね♪

普段使いに気の置けない相棒になりそうですよ!!

ご興味のある方はこちらからのぞいてみてくださいね~(*^^)v

↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました